国交相、「雪に弱い」場所 調査を指示

01/26 12:07
大雪の影響で、首都高速道路の通行止めが長期化していることなどを受け、石井国土交通相は、高速道路会社に、勾配など雪に弱い場所の調査を指示した。
22日の大雪のため、首都高速道路では車の立ち往生が相次ぎ、通行止めが4日間に及び、物流など経済活動に大きな影響が出ている。
石井国土交通相は、首都高速道路会社に対し、原因を検証し、具体的な対策をとるように指示した。
また、全国の高速道路会社に対して、雪で走行不能になりやすい、急な勾配区間などの調査を指示した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース