パレスチナへの資金援助打ち切り警告

01/26 18:47
トランプ大統領が、資金援助の打ち切りを警告。
トランプ大統領は「金は交渉次第。彼らが和平交渉に応じない限り、資金援助はない」と述べた。
トランプ大統領は25日、訪問先のスイスで、イスラエルのネタニヤフ首相と会談し、あらためて、2019年のエルサレムへの大使館移転方針を伝えた。
両首脳の会談は、トランプ大統領が、エルサレムを首都と認定してから初めて。
この中でトランプ大統領は、ペンス副大統領との面会を拒否したパレスチナ側を厳しく批判し、和平交渉のテーブルにつかなければ、資金援助を打ち切ると警告した。
トランプ大統領が、あらためてパレスチナへの強硬姿勢を示し、脅迫とも取れる発言を行ったことで、国際社会からの反発がさらに強まるとみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース