不適切ヤジで松本副大臣が辞表

01/26 21:26
松本文明内閣府副大臣が、沖縄県で続くアメリカ軍ヘリのトラブルについて、国会で「それで何人死んだんだ」と不適切なヤジを飛ばした責任を取り、安倍首相に辞表を提出した。
松本副大臣は、25日の衆議院本会議で、共産党の志位委員長が、沖縄県でアメリカ軍のヘリコプターによるトラブルが相次いでいることについて質問した際に、「それで何人死んだんだ」と、ヤジを飛ばした。
「それで何人死んだんだ」と、死者が出ていなければ問題ないともとれる、このヤジの責任を取り、松本副大臣は26日夕方、首相官邸で安倍首相と面会し、辞表を提出し受理された。
松本副大臣は「首相に辞表を提出してまいりました。ワンセンテンス、口から出たことが、これほど大きく誤解を受けて、ご迷惑をかけたことに対して、本当におわびします。申し訳ありませんでした」と述べた。
辞表の提出を受けた安倍首相からは、「この国が大変な時期なので、緊張感を持って対応してもらわないと困る」と伝えられたという。
安倍首相は今後、政権運営への影響を最小限に抑えることを念頭に、後任人事の調整を進める。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース