大阪国際女子マラソン記者会見 ヒロイン候補が集結

01/27 04:00
東京オリンピックへの第1関門、大阪国際女子マラソンを28日に控え、記者会見が行われた。
この大会は、オリンピックでメダルを獲得した、全ての日本人選手が出場している、伝統のレース。
そして今回、最も注目を浴びるのが、日本人の現役最速ランナー・安藤友香選手(23)。
彼女の代名詞「忍者走り」といわれる、省エネフォームで、3度目のマラソンに挑む。
安藤選手は「ここまでしっかり、やるべきことはやってきたので、あとは自信を持って、スタートラインに立てたらと思います」と話した。
また2017年、1万メートルで日本一に輝き、今回が初マラソンとなる松田瑞生選手(22)も、力強く意気込みを語った。
松田選手は「誰よりも、勝つという気持ち、負けない気持ちはあると思うので、そこで勝負していきたい」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース