閉鎖していたゲレンデ営業再開

01/27 12:24
12人が死傷した、群馬・草津白根山の噴火から初めての週末を迎え、これまで閉鎖されていた山の中腹にあるゲレンデが営業を再開した。
スノーボード客は「(きょうから営業再開だが?)よかったなと思って」、「草津たくさん来るので応援しようと思って、噴火のあと、すぐ予約した」と話した。
27日再開した「青葉山ゲレンデ」は、噴火の翌日から営業した2カ所のゲレンデより噴火口に近い場所にあるが、噴石などの被害がなく、噴火口の様子をカメラで常時監視できる体制が整ったことから、草津町は営業再開した。
ゲレンデは、午前9時から午後4時まで利用でき、スキーやスノーボードを楽しむ人が多く訪れた。
一方、草津白根山の火山性地震は、27日も午前6時までに3回発生し、気象庁は、噴火への警戒を呼びかけている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース