群馬県知事 噴火受け支援を要望

01/27 17:24
群馬・草津白根山の噴火を受け、支援を要望した。
群馬県の大沢正明知事は、国土交通省と総務省を訪れ、火山の監視体制強化や、草津温泉など、近隣観光地の風評被害に対する財政的な支援など、草津白根山の噴火災害対策への支援を要望した。
群馬県の大沢正明知事は「草津にしても、万座にしても、火口から5km以上の距離が離れておりまして、これは噴石が飛んでくるということは考えられない」と述べた。
国への要望のあと、大沢知事は、近隣の温泉街では安全が確保されているとあらためて強調した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース