東京五輪 ボランティア11万人以上を募集

01/27 17:27
11万人以上のボランティアを募集する。
2020年東京オリンピック・パラリンピックのボランティアについて、東京都と組織委員会は、募集人数を11万人以上と想定し、9月中旬から応募の受け付けを始めると発表した。
これまでは、空港や駅で観客を案内する「都市ボランティア」(1万人)と、競技会場や選手村で運営をサポートする「大会ボランティア」(8万人)、あわせて9万人以上が必要と想定していたが、競技会場が増えたことなどから、都市ボランティアの募集を3万人に増やす。
7月に募集要項が発表され、2019年2月からは、都のほか、北海道、大阪、福岡など、全国9カ所で面接が行われる予定。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース