銀行カードローンの改善を促す 金融庁

01/27 17:29
銀行カードローンの対応に、改善を促した。
金融庁は、銀行カードローン検査の中間とりまとめを発表した。
立ち入り検査の対象は、2017年9月末現在で、5.8兆円にのぼる残高全体のおよそ6割を占めるメガバンクなど、12行。
中間とりまとめでは「顧客の状況変化を把握し、多重債務の発生抑制や、利用者保護などの対応につなげる必要」があると指摘したほか、相談窓口や、救済措置の拡充などを求めている。
金融庁は「態勢の整備に一定の改善がみられる」と評価した一方、残された課題についても改善を促し、モニタリングを継続する方針。
銀行カードローンをめぐっては、残高が急増し、過剰な貸し付けが行われているとの批判が出ていた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース