仮想通貨580億円分が流出 何が?

01/27 18:07
顧客から預かっていた大金が跡形もなく消えた。仮想通貨取引所の「コインチェック」は、仮想通貨580億円相当が外部からの不正なアクセスで流出したと発表。最悪の場合、顧客にお金が戻らない可能性もある。
コインチェックの和田 晃一良社長は、「深くおわび申し上げます。大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。
26日深夜に行われた、仮想通貨取引所「コインチェック」の緊急記者会見。
顧客から預かっていた「NEM」という種類の仮想通貨、およそ580億円相当分が、外部からの不正アクセスによって流出したことを明らかにした。
コインチェックの和田社長は「最悪のケースといたしましては、顧客の資産が毀損(きそん)し、顧客から預かっている資産がお返しできないことだと考えている」と話した。
返金できない可能性もあるという、和田 晃一良社長。
コインチェックでは、今回の流出を受けて、「NEM」以外を含めた大半の仮想通貨の取引を中止した。
一報が伝わると、東京・渋谷のコインチェックの本社の前には、たくさんの人が集まっていた。
コインチェック利用者は「貯金全部入れていたので、かなりやばい状態に。とりあえず本当にお金を返してほしい」と話した。
一夜明けた、27日も。
コインチェック利用者は「トータルで100万円ちょっと。もしかしたらゼロになっちゃうのかなという覚悟はしている」と話した。
また、10万円相当の「NEM」を買っていたという男性は「わたしは本当に直撃で、コインチェックの『NEM』を買っていた。この看板をけりつけてやりたい」と話した。
なぜコインチェックは、580億円分もの仮想通貨を流失させてしまったのか。
ITジャーナリストの三上 洋氏は「セキュリティー対策が甘かったから、とられてしまったということ。『NEM』をインターネットにつないだ状態で保管していた。そのため不正アクセスされただけで、ほぼ全ての『NEM』をとられてしまった」と話した。
仮想通貨取引所では、安全対策として、顧客の口座をネットから遮断するシステムを採用するのが一般的だが、コインチェックは、ネットにつないだままだったという。
その理由をコインチェック側は、「技術的に難しく、対応できる人材が不足していた」と釈明している。
コインチェックの大塚雄介取締役は「(流出した分は取り戻せるのか?)いや、取り戻せないです。(じゃあこれは戻ってこない?)送った先というのはわかっている。それを把握さえできれば、戻ってくるかもしれない」と話した。
コインチェックでは、流失した仮想通貨を追跡し、取り戻したいとしているが、戻るかどうかは不透明。
ずさんともいえるセキュリティーが、今後、問題となるとみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース