「北」に対し両国の協力強化で一致

01/27 21:00
小野寺防衛相は27日、フランスのパルリ国防相と防衛省で会談し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、日仏両国の協力を強化して対応する方針で一致した。
小野寺防衛相は「あらゆる手段により、圧力を最大限まで高め、北朝鮮の政策を変更させなければいけないということを確認した」と述べた。
会談で、小野寺防衛相は、北朝鮮の弾道ミサイルが、パリも射程に収めている可能性があることなど、その脅威について説明した。
パルリ国防相は、「国連決議に基づく制裁を完全に履行していくことが大切だ」との認識を示し、両大臣は、結束して北朝鮮の脅威に対応することで一致した。
さらに、独善的な海洋進出を進める中国から、南シナ海などでの「航行の自由」を守るため、日仏両国が海洋分野の協力も強めていくことを確認した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース