河野外相の訪中の狙いは?

01/28 17:43
河野外相の訪中の狙いについて、中国・北京から、フジテレビ政治部・佐藤 メリサ記者の解説です。

(両国の融和ムードは高まっている?)
日中関係は、2017年11月に、安倍首相と習近平国家主席、李克強首相が相次いで会談するなど、融和ムードは高まりつつあり、河野外相は、この関係改善の加速化を図る考え。
2018年は、日中平和友好条約締結40周年にあたり、日本は、この節目の年に、日中韓3カ国首脳会談を日本で開くことと、安倍首相と習主席の相互訪問を実現させたい考えで、今回の訪問で、中国側の意向を確認した形。
一方、中国側も、習主席が共産党党大会を終えて、権力基盤を固め、対日外交の自由度が増していて、歩み寄りの環境は整いつつある中、訪中が実現した形。

(今回の訪中で、日中関係はさらに前進する?)
政府関係者は、No.2の李克強首相が会談に応じたことなどから、中国側も、河野外相の訪中を歓迎しているとの見方を示している。
ただし、中国の原子力潜水艦の尖閣諸島周辺での航行や、南シナ海での海洋進出など、今後も外交手腕が問われる課題も残っている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース