名護市長選 普天間基地移設めぐり選挙戦火ぶた

01/28 18:00
沖縄・名護市の市長選挙がスタートした。
政府が進める、アメリカ軍普天間基地の移設計画が、最大の争点となる。
沖縄県の名護市長選挙が、28日告示され、3期目を目指す現職の稲嶺 進氏と、新人で元市議会議員の渡具知 武豊氏の2人が立候補した。
普天間基地の移設計画をめぐり、国と県の対立が深まる中、選挙戦は、翁長知事が辺野古への移転阻止を訴える稲嶺氏を全面的に支援し、一方、政府・与党は、渡具知氏の支援に全力を挙げる構図になっている。
選挙結果は、普天間基地の移設問題の行方にも影響するとみられる。
秋に行われる、県知事選挙の前哨戦とも位置づけられる名護市長選挙は、2月4日に投開票される。 (沖縄テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース