中華の街に甘〜い専門店オープン

01/28 18:32
中華まんなどでおなじみの「横浜中華街」に、あの甘いお菓子の専門店がオープンした。
訪れた人は「インスタに上げました。いろんな子が『いいね』してくれると思います」と話した。
横浜中華街のど真ん中、「横浜大世界」に26日、体験型のチョコレート専門店がオープンした。
この店の最大の特徴は、チョコレートの製造工程を、大きなガラス越しで見られること。
訪れた人は「作っている工程を見たことがなかったので、今回初めて見られて、すごい」と話した。
売り場に並べられている商品は、全てこの工場で作られたもので、えりすぐりのカカオを使用した濃厚な味のチョコレートや、パクチーを練り込んだものまで、バラエティーに富んでいる。
さらには、シェフの指導のもと、ウエディングケーキにも使われる花の形をしたチョコレート作りを体験することができる。
山本佳正シェフ・ショコラティエは「ここで注意しなければいけないのが、もみすぎて油が出ること」と話した。
職人技を間近で見ながら、世界に1つだけのチョコレートが完成した。
また併設するカフェでは、カラフルな色の飲み物や、驚きを仕掛けたデザートが提供され、ここでも「SNS映え」を意識。
デザートを食べた人は、「見た目がかわいくて、かけた時に溶けて、びっくり。見た目にインパクトがあって、すごかった」と話した。
見て、食べて、シェアをして。
チョコレートの魅力を、余すところなく体験できる、この施設。
バレンタインデーの贈り物にも活躍しそう。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース