北海道・網走で「流氷初日」 平年より7日遅く

01/29 11:00
オホーツク海に、冬の使者が到来。
北海道・網走市で撮影された映像。
水平線に白い線のように広がっているのは、「流氷」。
網走地方気象台は28日、今シーズン初めて、肉眼で流氷を確認。
「流氷初日」を発表した。
平年より7日遅く、2017年より3日早い観測となった。
網走港からは、たくさんの観光客を乗せた観光砕氷船が出港。
船に乗って、流氷を間近に見ることができる。
流氷は沖合20km付近で広く観測されているが、29日は低気圧の接近で風が強まり、流氷が海岸に向けて、さらに近づいて来ると予想されている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース