巨人・岸田行倫、エース相手に隠せぬ緊張感

01/30 02:05
2月1日のキャンプインまで、あと3日となった、プロ野球。
読売ジャイアンツの合同自主トレでは、エース・菅野智之投手(28)がブルペン入りした。
コンディション確認の試運転も、緊張感をあらわにしたのが、ボールを受けた、ルーキー・岸田行倫選手(21)。
沢村賞右腕の球の軌道に、先輩・長野久義選手(33)が、キャッチングをいじる場面も見られた。
投げ終えた菅野投手は「感触、どうのこうのっていうぐらい、投げていないので、楽しく投げられました」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース