全ての集団的自衛権の行使 「安倍案」でも「認められない」

01/30 12:54
安倍首相は、衆議院予算委員会で、憲法改正をめぐって、自身の提案した憲法9条に自衛隊の存在だけを明記する改正を行っても、全ての集団的自衛権の行使が可能になるわけではないとの認識を示した。
安倍首相は、「(憲法9条)2項をそのまま残すという、私の提案においては、2項の制限がかかるということは、今までの政府の解釈と同じ」、「フルスペックの集団的自衛権の行使は認められないのではないかと考えている」などと述べた。
安倍首相は、戦力の不保持をうたった9条の2項を変えれば、「全面的な集団的自衛権の行使を認めることが可能になる」と述べたうえで、首相自身が提案した、2項を維持し、自衛隊の存在だけを明記する案では、全ての集団的自衛権の行使にはつながらないとの認識を示した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース