厚労省 加熱式たばこ規制対象へ

01/30 15:55
急速に増えている「加熱式たばこ」について、厚生労働省は、喫煙時のデータを初めて示し、規制対象とする方針を固めた。
厚生労働省は、「望まない受動喫煙をなくす」ことを基本的な考え方として、受動喫煙防止のための健康増進法の改正案を、今国会に提出する方針。
焦点の1つとなっていた「加熱式たばこ」については、喫煙時の室内でニコチンなどが微量に測定されたデータを初めて示し、規制対象とすることを決めた。
しかし、紙たばことは一線を画し、大規模や新規の飲食店でも、「加熱式たばこ専用の喫煙室」の中でなら、飲食と同時に喫煙を認めるとしている。
厚労省は、現時点では、加熱式たばこの受動喫煙による健康への影響の予測は困難で、今後も研究・調査を継続するとしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース