蔵王山 噴火警戒レベル2に

01/31 06:35
宮城県と山形県にまたがる蔵王山で地殻変動などが観測されたことから、気象庁は、噴火警戒レベルを1から2に引き上げ、噴火への警戒を呼びかけている。
気象庁の観測によると、蔵王山では、山頂の南方向が隆起する地殻変動が継続しているほか、30日午後には、火山性微動の振幅が、これまでの観測で最大となっているという。
これを受けて気象庁は、小規模な噴火の可能性があるとみて、噴火警戒レベルを現在のレベル1から、火口周辺規制のレベル2に引き上げた。
想定火口域の馬の背カルデラからおおむね1.2kmの範囲では、噴火にともなう大きな噴石に警戒するよう呼びかけている。
一方、宮城県は30日夕方、緊急会議を開いた。
周辺の蔵王町、川崎町、七ヶ宿町では、想定火口域から1.2km範囲に避難勧告を出して、緊急速報メールを発信した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース