受動喫煙対策 都独自の条例案 提出見送り

01/31 12:51
東京都独自の受動喫煙対策の条例案提出を見送り。
東京都は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、受動喫煙対策を強化するため、罰則つきの独自の条例案を2月の都議会に提出することにしていた。
しかし、厚生労働省が示した新たな受動喫煙対策案で、規制対象となる施設の区分が変更されていることなどから、小池知事は、提出を見送る考えを示した。
小池知事は、「設計図が大きく変わるということから、あらためて整合性を図る必要があるということ」と述べた。
小池知事は、国の法律案がどのようになるのか、しっかりと見ながら進めていきたいと述べた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース