「はれのひ」元幹部を事情聴取

01/31 15:51
成人式の直前に突然、営業を中止した振り袖の販売・レンタル業者「はれのひ」の元幹部から、警察が任意で事情を聴いていたことがわかった。
「はれのひ」は、成人式の直前に営業を取りやめたため、多くの新成人が、成人式で振り袖を着られないなどの事態となった。
警察は、財務状況などの捜査を進めているが、篠崎 洋一郎社長が初めて会見した先週26日に、「はれのひ」の元幹部から、任意で事情を聴いていたことが、新たにわかった。
警察は今後、複数の関係者から事情を聴くなどして、「はれのひ」の経営実態の解明を行う方針。
破産管財人によると、これまでに寄せられた電話相談は、およそ250件で、大半が契約者だという。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース