貴乃花親方、弟子の会見に笑顔で出席

02/01 01:32
貴乃花親方(45)が、弟子の十両昇進に笑顔で会見。
まな弟子・貴公俊の十両昇進に、満面の笑みを浮かべる、貴乃花親方。
新十両・貴公俊(20)は「師匠みたいな力士になりたいです」と話した。
貴公俊は、弟の貴源治と共に、大相撲で初めての双子関取に。
貴乃花親方は「(ニコニコしているように見えるが?)いやいや。普通にしていると、ニコニコと言われる。きょうは、でも、弟子と十両昇進の会見をできたことを、うれしく思います」と話した。
こうした中、2日後に迫った相撲協会の理事選に向けて、貴乃花一門に大きな動きが。
貴乃花親方は「(理事選の候補者が誰かみたいな話はされた?)お食事をしただけです」と話した。
30日夜、無所属の錣山親方を含む、親方9人が集まった貴乃花一門の会合。
貴乃花親方と、元関脇・益荒雄の阿武松親方(56)の2人が、理事選に出馬することが決まったという。
これで、定員10人を上回る11人が立候補する見通しとなり、親方101人による選挙が行われることになる。
当選ラインは、9票から10票だが、貴乃花一門の基礎票は、無所属の錣山親方などの票をあわせても、11票。
一門から2人出馬となれば、どちらかが落選する可能性もある。
東京相撲記者クラブ会友・大隈 潔氏は「(他の一門の)誰かが隠れ浮動票で、応援してくれるめどが立ってるのかと思うが、めどが立った笑顔なのか、開き直っている笑顔なのか、ちょっと判断が難しい」と話した。
貴乃花親方に勝算はあるのか。
その動向に注目が集まる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース