日本取引所グループCEO 仮想通貨へのマイナスイメージ懸念

02/01 11:23
「マイナスのイメージ」を懸念。
日本取引所グループの清田CEO(最高経営責任者)は、定例会見でコインチェックの「NEM」流出問題について「仮想通貨は、可能性のある分野。フィンテックがどう定着していくか見守りたい」と述べ、マイナスのイメージがついてしまうことに懸念を示した。
一方、ソフトバンクグループが、傘下の携帯電話事業会社の株式上場を検討していることに関しては、「利益相反が起きないようにするのが重要だ。子会社の上場そのものが望ましくないという考えは、持っていない」と述べた。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース