ロシア プーチン大統領 選手に謝罪

02/01 13:08
ロシアのプーチン大統領が、平昌(ピョンチャン)オリンピックに個人資格で出場する選手たちに謝罪した。
プーチン大統領は、「皆さんを守れなかったわたしたちを許してください」と述べた。
プーチン大統領は1月31日、国ぐるみのドーピングを指摘され、ロシア代表として平昌オリンピックに出場を認められなかった選手を前に、疑いの目で見られることなどを謝罪した。
国旗のないユニホームを着た選手たちから、「ロシアは、わたしの心の中に」と書かれたジャージーを贈られたプーチン大統領は、「周りで起きていることに邪魔されず、勝利を目指して集中してほしい」とエールを送った。
IOC(国際オリンピック委員会)は、ロシア選手団の派遣を認めておらず、個人資格で女子フィギュアスケートのエフゲニア・メドベージェワ選手ら、169人の出場が認められている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース