日米のゼロックス 統合で合意

02/01 14:37
日米のゼロックスが経営統合で合意。
富士フイルムホールディングスは、アメリカの事務機器大手のゼロックスを買収し、子会社の富士ゼロックスと経営統合させることで合意したと発表した。
会見した、古森重隆会長兼CEO(最高経営責任者)は、統合で誕生する新会社について、「世界最大規模の事務機器メーカーとなる」と強調した。
一方、富士ゼロックスは、国内外で1万人の人員削減を行うと発表した。
工場の統廃合や営業や開発体制の再編などで、経営の効率化を進め、2019年度以降、年間500億円以上のコスト削減を目指す。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース