将棋・藤井聡太氏 初の中学生「五段」

02/02 00:15
将棋の藤井聡太四段(15)が、1日に行われた対局に勝ち、中学生としては史上初となる五段昇段を決めた。
都内で行われた名人戦C級2組の順位戦で、藤井聡太四段が、激戦の末、114手で梶浦宏孝四段(22)を破り、現在の規定では初となる、中学生での五段昇段と、C級1組への昇級を決めた。
藤井新五段は、「順位戦では、1年間昇級を目指して戦ってきたので、それが果たせたというのは、とてもうれしく思っています」と話した。
藤井五段は、1日の勝利で、50人の棋士が所属するC級2組で、唯一の9戦全勝とし、上位3位以内が確定したため、最終戦を待たず昇級を決め、五段に昇段した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース