花粉シーズン到来 商戦スタート

02/02 01:12
もうすぐ花粉シーズン到来。対策は万全?
入り口には、エアシャワー。
部屋の中には、空気清浄機機能つき扇風機が。
この部屋、大手眼鏡ブランド「JINS」が、2017年12月にオープンさせた会員制ワークスペース内に、期間限定で設置した花粉カットルーム。
花粉カット眼鏡も、会員には、もちろん無償で提供している。
花粉症が、仕事や勉強に影響すると答えた人が、実に81%にのぼるという結果を受け、JINSは、この部屋の設置を決めたという。
「JINS」広報PR担当・渡辺里実さんは、「一般のオフィスと比較をして、実際に花粉カットルームの微粒子数を測定しますと、およそ10分の1程度の微粒子の数に抑えられておりますので、花粉に触れないような空間で作業していただくことで、パフォーマンス向上に、より寄与できるのではないかと考えております」と話した。
2018年の花粉飛散予測は、東北から近畿、四国地方までの広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みで、東京などは、2倍を超えると予想されている。
東京・中央区の「銀座ロフト」では、花粉対策グッズのコーナーが、早くも1月中旬から展開されている。
花粉対策グッズの市場規模は、花粉が比較的少なかったとされる、ここ2年を含めても、拡大傾向となっている。
年々盛り上がる、花粉ビジネス。
今シーズン注目の商品が、「花粉を水に変えるマスク」。
このマスクには、「ハイドロ銀チタン」という成分が含まれており、マスクについた花粉のたんぱく質を分解し、水に変えてくれるという。
花粉症の人にとっては、嫌な季節の到来。
2018年は、どうやって対策をする?

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース