「北」揺さぶりはどう影響?

02/02 12:17
平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック開幕まで、あと1週間となった。今回のオリンピックの注目点は、やはり、北朝鮮の参加。
1日に韓国入りした北朝鮮選手団のうち、フィギュアスケートペアのキム・ジュシク、リョム・テオク組は、2日朝、オリンピック本番の会場である江陵(カンヌン)アイスアリーナで練習し、氷の感触を確かめた。
開会式では、南北が「統一旗」を持って合同行進するほか、200人以上の応援団も派遣され、アイスホッケー女子は、南北合同チームが出場する。
一方、開幕前日には、北朝鮮が軍事パレードを行うとみられる。
オリンピック参加を盾にしながらの軍事パレードという、北朝鮮の強烈な揺さぶりに対し、オリンピックを北朝鮮問題の解決につなげたい文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、どう対応するのか、注目される。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース