安倍首相、初当選組にアドバイス

02/02 12:43
安倍首相は1日夜、2017年10月の衆議院選挙で初当選した自民党議員およそ20人を、首相公邸に招いて会食し、選挙に負けない政治家になるための心得をアドバイスした。
自民・高村正大衆院議員は「1回生の役目は、2回生になることだよということ、あと、地元で、やはり先輩方の経験含めて、こういう付き合いを地元でしろとか、そういうこと含めて、いろいろご指南いただきました」と述べた。
自民・中曽根 康隆衆院議員は「総理の気さくなお人柄に、こうやって近くに触れることができて、より、わたし個人としては、頑張らなきゃなという思いになりました」と述べた。
会食で安倍首相は、「再選に近道はない。ここ数年は地元活動を頑張れ」などと、選挙に負けない政治家になるための心得を指南した。
同時に、「先輩に対しても、おそれずにしっかりと物申す1回生であってほしい」と述べ、積極的に党内議論に参加するよう促した。
安倍首相は最近、自らの出身派閥・細田派の幹部や、麻生副総理、自民党の岸田政調会長らとも個別に会合している。
この日の1回生議員との会食も、秋の自民党総裁選挙での3選に向けた足場固めの一環と見る向きもある。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース