米・新型ミサイル迎撃 また失敗

02/02 13:16
小野寺防衛相は「試験結果については、迎撃は確認されていないと聞いております。現在、アメリカ政府が詳細を解析中であります」と述べた。
小野寺防衛相は、北朝鮮の弾道ミサイルを撃ち落とすことを念頭においた新しい迎撃ミサイルシステム「SM-3ブロック2A」の試験が、失敗に終わったことを認めた。
迎撃試験は、共同で開発を進めているアメリカが、1月31日にハワイで行い、システム全体の連携を確認するものだった。
2017年6月に続き2回連続の迎撃失敗だが、小野寺防衛相は、「改善点があれば、生産過程に反映していくことは十分可能だ」として、配備計画に影響はないとの見方を示した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース