清宮がアリゾナでキャンプイン

02/02 19:34
プロ野球・北海道日本ハムファイターズのゴールデンルーキー・清宮 幸太郎選手(18)が、アメリカのアリゾナでキャンプイン。プロとしての第1歩を踏み出した。
まだ薄暗い午前7時前に、球場に姿を現した清宮 幸太郎選手。
背番号「21」の真新しいユニホームに、袖を通した。
清宮選手は「ユニホームをちゃんと着てという感じで、ちょっとは、ファイターズの一員になってきているのかなという感じはします」と話した。
記念すべきプロ1年目のキャンプ初日、一番驚いたことを聞かれると、清宮選手は「アメリカなのに、(報道陣が)たくさん来てくれているってことですかね」と話した。
およそ100人の報道陣が、清宮選手を見守った。
右手親指を負傷した影響で、この日は、バッティング練習は行わず、守備の練習に時間を割いた。
清宮選手は「月日を重ねるごとに、慣れていったりすることもあると思う。1年目の最初のキャンプの日という、初心だと思うので、何かあったら、この日を思い出せるような、そういう日にしたいと思います」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース