日本海側で大雪のおそれ 注意喚起

02/03 00:34
4日から、非常に強い寒気が南下し、西日本や北陸を中心に、大雪のおそれがある。
気象庁によると、4日から7日ごろにかけて、日本付近の上空およそ1,500メートルに、平年に比べ6度から12度前後低い、非常に強い寒気が南下する見込み。
東日本と西日本では、日本海側の広い範囲で大雪となり、太平洋側でも、山地を中心に大雪となるおそれがある。
関東地方では、雪は降らない予想だが、気温が低くなるため、路面凍結などに注意が必要となる。
これを受けて、国土交通省は、大雪に関する緊急発表を出し、車の立ち往生など、交通障害に警戒するよう呼びかけている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース