インフルエンザ猛威続く 患者数過去最多を更新

02/03 00:52
インフルエンザの猛威が止まらない。
厚生労働省などによると、1月22日からの1週間に報告された1医療機関あたりの患者数が52.35人となり、統計を取り始めた1999年以来、最多だった前の週を上回ったという。
また、全国の医療機関を、この1週間に受診者した人は、およそ274万人で、今シーズンの累積受診者数は、1,100万人を超えている。
ウイルスのタイプでは、例年より早い流行を見せているB型が4割を超え、A型、A香港型と続いている。
厚労省は、感染拡大を防止するため、外出時の手洗いや、マスクの着用を呼びかけている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース