竹本氏 理事落選の貴乃花親方にエール

02/03 13:31
相撲議連の会長が、貴乃花親方にエールを送った。
自民・竹本直一相撲議連会長は「夢の実現のために、頑張ってくださいと言いたい。彼の夢ということもあるんですよ。相撲界全体のために尽くすのが、彼の信条だと思う」と話した。
日本相撲協会の理事候補選挙で、貴乃花親方が落選したことについて、大相撲の振興・発展を目指す、超党派の議員連盟の竹本会長は2日、貴乃花親方には、引き続き相撲界の発展のために尽くしてほしいと期待感を示した。
貴乃花親方が1日に、貴乃花部屋のウェブサイトで、相撲協会の現状について、「社会的な責任を果たすよりも、協会内の事情や理屈が優先され、公益性から逸脱している」と指摘したことについて、竹本氏は、「公益財団法人となった以上、できるだけ公明正大、透明度の高い団体にしていく必要がある」と述べ、貴乃花親方の主張に理解を示した。
同時に竹本氏は、貴乃花親方について、「コミュニケーションを図るのは上手とは言えない」とも指摘し、貴乃花親方を含む関係者にオープンな姿勢での話し合いを求めた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース