公明党が憲法改正議論再開へ

02/03 14:21
安倍首相が意欲を示す憲法改正について、公明党が2月16日に党内全体の議論をおよそ8カ月ぶりに再開することがわかった。
公明・井上幹事長は「近く役員会も開いて、今後の議論の進め方を協議すると報告も受けている」、「憲法全体を見渡した幅広い憲法改正の議論が必要だ」などと話した。
関係者によると、公明党は、7日に党の憲法調査会の幹部会を開き、16日に全体会合をおよそ8カ月ぶりに再開する方針。
憲法改正の議論をめぐっては、山口代表ら幹部が慎重な姿勢を示していたが、自民党が意見集約を進める中、公明党の見解をまとめるべきだと判断した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース