五輪開会式リハ ボランティアボイコット騒ぎ

02/04 12:06
平昌(ピョンチャン)オリンピックのボランティアスタッフの一部が、待遇の改善を訴え、3日の開会式のリハーサルをボイコットした。
組織委員会によると、3日夜のリハーサルで、進行業務を担当するはずだったボランティアスタッフ、249人のうち、109人が集合時間になっても現れなかった。
その後、ボランティアの代表者が、組織委員会に対して、「移動用のバスに乗るため、極寒の屋外で1時間以上待たされている」と状況の改善を訴え、組織委員会は謝罪した。
持ち場に復帰していないスタッフは、3日の時点で36人いたが、組織委員会は、「運営に必要な人員は、確保している」としている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース