民進党大会 「新しい党」へ移行目指す

02/05 11:09
民進党は4日、東京都内で党大会を開催し、「新しい党」への移行を目指す方針などを採択した。
民進党の活動方針では、「志を共有できる仲間を糾合し、『新しい党』への移行を目指す」として、新党が「中道」の価値観を目指すことを打ち出した。
桜井組織委員長は、「個人的なこだわりがあったりとか、集まれる人が集まる形をとっていくことが大事」と述べた。
杉尾議員は、「どういう党を作るかによって、わたしが合流できないと思ったら、その時には出ていく」と述べた。
大会後に大塚代表は、新党移行の時期について、「足並みと気持ちがそろうタイミングを計りたい」と述べたが、党内には、立憲民主党に近い議員と、希望の党との合流を先行させたい議員が混在しており、先行きは不透明。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース