帰宅困難者対策訓練 およそ4,400人参加

02/05 13:13
首都直下地震を想定し、帰宅が困難になった人への対策訓練が行われた。
5日の訓練には、およそ4,400人が参加し、震度6強の地震が起き、東京の上野駅周辺で、帰宅が困難になった人が多数発生したとの想定で行われた。
アメ横商店街の大型ビジョンでは、避難が呼びかけられ、帰宅困難者役となったおよそ100人が、避難場所の上野公園に徒歩で向かった。
また、東京都美術館では、外国人観光客向けに外国語に翻訳できるメガホンなどを使っての訓練も行われた。
都内での帰宅困難者対策の大規模訓練は、2018年で4回目となる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース