5日のNY株式市場 過去最大の下げ幅に

02/06 09:04
週明け5日のニューヨーク株式市場は、大幅に続落した。
5日は、長期金利が上昇したことへの警戒感が続いていることから、取引開始直後から売り注文が相次いだ。
その後、一部の銘柄で買い戻しの動きが出たものの、再び売り注文が増え、下げ幅は一時、取引時間中で過去最大となる1,597ドルに達した。
結局、ダウ工業株30種平均は、前の週末の終値より、1,175ドル21セント安い、2万4,345ドル75セントと、終値でも過去最大の下げ幅となった。
ナスダック総合指数も下げて、6,967.53だった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース