「データ改ざん」で国際認証取り消し

02/06 09:29
国際認証を取り消し。
民間認証機関のJQA(日本品質保証機構)は、製品データの改ざんが発覚した三菱マテリアルの子会社2社に与えていた国際認証を取り消したと発表した。
対象は、ISO(国際標準化機構)が、製造システムの品質を認証する、「ISO9001」など。
JQAは、特別審査の結果、三菱電線工業の和歌山・有田市にある箕島製作所が生産するゴム製パッキンなどや、三菱伸銅の福島・会津若松市にある、若松製作所が生産する銅製品などの「適合性に重大な懸念があると認められたため」と説明している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース