「立春寒波」福井で豪雪 車1,500台が立ち往生

02/07 01:03
37年ぶりの記録的な大雪で、1,500台の車が立ち往生している。
2列に連なり、動く気配のないトラックや乗用車。
その数、1,500台以上。
立ち往生する車の運転手は、「トイレとか、大変かなとは思う」、「一番心配なのは燃料」などと話した。
福井県の大動脈では、6日朝から15時間以上、午後11時40分現在も、車の立ち往生が続いている。
数年に一度の、非常に強い寒気の影響で、記録的な大雪に見舞われている北陸地方。
福井市の積雪は、6日正午に、37年ぶりとなる130cmを記録した。
この雪の影響を大きく受けたのが、交通網。
北陸自動車道が通行止めになったことから、多くの車が福井市の中心部などを走る国道8号線に集中。
国土交通省によると、一部区間で、およそ1,500台の車が立ち往生し、福井県が自衛隊に災害派遣を要請する事態となっている。
こうした交通の乱れから、福井市内にあるコンビニでは、おにぎりやサンドイッチが補充されず、商品棚がほぼ空っぽの状態となっていた。
強い寒気は、7日以降も居座る見込みで、7日夕方までに予想される降雪量は、多いところで、北陸や東海で60cm、東北や近畿で50cmとされており、引き続き、大雪に警戒が必要。 (福井テレビ)

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース