台湾でM6.3 200人以上死傷

02/07 06:06
日本時間の7日未明、台湾東部を震源とするマグニチュード6.3の地震があり、ホテルが倒壊するなどして、少なくとも2人が死亡したほか、200人以上が負傷している。
日本の気象庁によると、日本時間の午前0時50分ごろ、台湾東部・花蓮県付近で地震があり、地震の規模を示すマグニチュードは、6.3と推定されている。
震源地付近では、ホテルなど複数のビルが倒壊していて、台湾当局によると、これまでに2人が死亡し、202人がけがをした。
また地元メディアは、倒壊したホテルから、日本人旅行客30人が救出されたと伝えている。
日本台湾交流協会によると、今のところ、日本人が被害に遭ったという情報はない。
地元当局は、建物の中に残されている人がいるとみて、救出活動を急いでいる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース