日独首脳会談 日EUのEPA発効へ協力確認

02/07 10:55
安倍首相は6日、就任後初めて来日したドイツのシュタインマイヤー大統領と会談し、日本とEU(ヨーロッパ連合)とのEPA(経済連携協定)の早期署名・発効に向けた協力を確認した。
安倍首相は、2017年12月に交渉が妥結した日本とEUのEPAについて、「日独両国は、自由貿易の旗手として、今後も自由貿易の旗を高く掲げます。本日の会談で、日EU・EPAの早期署名・発効に向けた協力を確認できたことは、大変有意義です」と述べ、早期の署名・発効に向けた協力を確認した。
また、両首脳は北朝鮮の核・ミサイル開発や拉致問題をめぐり、緊密に連携していくとの認識を共有し、シュタインマイヤー大統領は、「北朝鮮への厳格な制裁措置を断固として貫く」と強調した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース