眞子さま 普段と変わらずご出勤

02/07 11:42
結婚を2020年に延期することが明らかになった秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまは、一夜明けた7日、都内の博物館に出勤された。
午前10時半すぎ、お住まいのある赤坂御用地を出発した眞子さまは、報道陣に小さく会釈をして、勤務先の博物館へ向かわれた。
小室 圭さんも午前7時すぎ、神奈川・横浜市内の自宅で、呼びかけに「おはようございます」と応じ、都内の法律事務所に出勤した。
眞子さまと小室さんは、2017年9月に婚約が内定し、3月4日に一般の結納にあたる「納采の儀」、2018年11月には結婚式が予定されていたが、天皇陛下の退位と新天皇の即位を終えた2020年に延期されることが明らかになった。
理由について、眞子さまは、結婚に向けた準備の過程で「いろいろなことを急ぎ過ぎ」、「十分な準備を行う時間的余裕がない」と判断したと、文書に記されている。
発表を受けて、小室さんの幼なじみ・神鷹美貴さんは「人生の大きな節目だと思うので、眞子さまのおっしゃる通り、慎重にゆっくりと急がなくてもいいのかなと思いました。時期がいつになろうと、お2人にはお幸せになってほしいなと思います」と話した。
また、眞子さまの同級生からは、「とにかく、ゆっくり2人でいろいろと将来のことを考えてほしいです」との声も聞かれた。
一方、秋篠宮ご夫妻は、午前11時前、公務に出席するため、都内の施設に姿を見せられた。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース