結婚延期の背景に何が 宮内庁担当記者が解説

02/07 11:51
宮内庁は、秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまと、大学時代の同級生・小室 圭さんが、結婚を2020年に延期されると発表しました。今回の結婚延期の背景には何があったのでしょうか。宮内庁担当・宮崎千歳記者の解説です。

いったん立ち止まるという苦渋の選択の背景について、ある宮内庁幹部は、予期せぬ形で、2017年5月に婚約が報じられたことにより、「さまざまなプレッシャーや葛藤があったのだろう」と推し量っている。
天皇陛下の「裁可」を経て、婚約が内定し、式の日取りも決まっていた状況の中での延期は、極めて異例なことで、関係者によると、1月ごろから検討が本格的に進み、2月2日にも、ご一家で御所を訪ねるなど、天皇皇后両陛下に相談や報告を重ねられていたという。
一部週刊誌が、小室さん側の金銭トラブルを報じていたが、ある幹部は、影響を否定したうえで、20代のお2人が、周囲の声なども考慮しながら、結婚という人生の節目を迎えなければならない難しさをおもんぱかり、「ゆっくり時間をかけて、再来年に結婚の日を迎えるという選択をされた。どうか、静かに温かく見守って差し上げてほしい」と説明している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース