「北」管弦楽団 万景峰号から会場へ

02/07 12:33
平昌(ピョンチャン)オリンピックに合わせて韓国を訪れている北朝鮮の三池淵(サムジヨン)管弦楽団が、宿泊場所となっている万景峰(マンギョンボン)92号を下り、8日に公演する会場に入った。
江陵(カンヌン)にあるスケートの競技会場にほど近い公演会場には、7日午前9時半ごろ、楽団のメンバーが、バスに乗って到着した。
午前11時40分現在は、厳重な警備体制の中、リハーサルを行っているもよう。
6日、万景峰号に乗って韓国入りした三池淵管弦楽団のメンバーおよそ120人は、玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長を先頭に、午前8時ごろ船を下りた。
6日は、日程の協議が深夜まで続いたため、船から下りなかったが、7日朝は、おそろいの赤いコート姿で登場した。
韓国統一省によると、北朝鮮は、万景峰号の燃料を提供するよう要請してきたという。
燃料提供は、国連安保理の制裁に抵触する可能性があり、韓国政府は対応を検討している。
また、午前9時半ごろ、北朝鮮の応援団およそ230人が陸路で韓国入りした。
北朝鮮の応援団が、韓国に来るのは13年ぶり。
応援団は、アイスホッケー女子の南北合同チームも応援する予定で、南北融和のアピールに一役買うことになる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース