美女応援団も到着 正恩氏妹が訪韓へ

02/07 17:34
平昌(ピョンチャン)オリンピック開幕まで、あと2日となった。
金正恩(キム・ジョンウン)委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)氏が9日、北朝鮮代表団の一員として韓国入りすると、7日午後、韓国統一省が発表した。
金日成(キム・イルソン)主席の直系の親族が、これで初めて韓国入りすることになる。
金与正氏は、兄である金委員長からの信頼が厚く、文在寅(ムン・ジェイン)大統領や、8日に韓国を訪問するアメリカのペンス副大統領との会談が行われるのかどうかも、非常に注目される。
北朝鮮のオリンピック参加をめぐって揺れている韓国だが、江陵(カンヌン)のオリンピック競技会場から、歩いて10分ほどの場所にある江陵アートセンターで8日、三池淵(サムジヨン)管弦楽団の公演が行われる。
7日午前8時半ごろに「万景峰(マンギョンボン)号」を出発し、こちらに入ったが、昼休憩をとるために、一度、「万景峰号」に戻った。
その時の管弦楽団の様子は、女性は、袖口と襟元に黒いファーがついたおそろいの赤いコート、そして男性は、黒いコート姿だった。
呼びかけに対して、明るく手を振る人もいれば、無視して下を向いて歩く人もいて、対応はさまざまだった。
そして、エリート層の子どもなどを中心に、選ばれたものしか入れない応援団も注目されており、美女応援団230人も韓国入りしたとみられていて、こちらは呼びかけに対し、「同じ民族に会えてうれしい」というふうに語っていた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース