病院で「パワハラ」上司を提訴

02/07 19:19
東京・福生市の病院で、人格を否定の暴言などのパワハラを受けたとして、50代の課長が上司を提訴した。
被害男性(50代)は「休暇を取るなら、退職願を出せということまで言われた」と話した。
訴状によると、公立福生病院に勤務する50代の男性課長は、2016年秋ごろから半年間にわたって、同僚の前で上司から大声で怒鳴られ、人格を否定する暴言など連日のパワハラを受けて、適応障害を発症し、休職に追い込まれたという。

上司の音声「ふざけんなよバカ野郎。バカだなお前はもう。本当にバカだよ。バカだよお前は、本当にバカ。やっていることが、管理職として失格」

男性は、謝罪などを求めたが、何の対応もとられなかったため、およそ550万円の損害賠償を求め、病院側を提訴したという。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース