安倍首相、日ロ平和条約締結の意欲強調

02/07 23:13
安倍首相は7日、北方領土の返還を求める会合で、あいさつし、日ロ平和条約の締結に向けた意欲を、あらためて示した。
安倍首相は「戦後72年が経過してもなお、日本とロシアの間には平和条約がないのは、異常な状態。何とか、この状況を打開しなければならない。戦後、ずっと残されてきたこの課題に、私とプーチン大統領が終止符を打つ」と述べたうえで、5月にロシアを訪問し、プーチン大統領との首脳会談に臨む決意を表明した。
さらに安倍首相は、両国が2016年に合意した、北方四島での「共同経済活動」の実現に向けて、「今後、プロジェクトを具体化するための作業を加速させる」と強調した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース