北陸で記録的大雪 工場ストップも

02/08 00:13
福井で、車が雪で立ち往生。救出作業が今も続く一方、宅配便の荷受けや、工場の生産がストップしている。
大雪の影響で、一時1,500台が立ち往生した、福井県の国道8号線。
7日午後11時40分現在も、およそ560台が取り残されている。
ドライバーは「(いつからいる?)火曜日の午前中...。今、木曜日ですよね、きついです、正直」と話した。
さらに、代替道として一部無料開放されている北陸自動車道では、7日夜にかけて、渋滞が発生。
37年ぶりの記録的な雪に見舞われた福井県。
この雪で、経済活動にも影響が出ている。
パナソニックは、従業員の安全確保のため、電子部品を生産している福井県内の工場で、操業を停止。
下着メーカーのワコールも、臨時休業しているが、今のところ、生産に影響はないという。
隣県の石川県でも、スマートフォンやタブレットの液晶パネルなどを生産しているジャパンディスプレイが、通勤が難しい場合は、出勤を控えるよう指示した。
また、建設機器を扱うコマツの粟津工場も、臨時休業している。
佐川急便やヤマト運輸では、配達の遅延が発生。
ヤマト運輸は、福井県や石川県、富山県、新潟県など、交通障害などが発生している地域への荷受けを、一時中止している。
北陸地方では、8日まで雪が降る見込みで、影響の拡大に引き続き、警戒が必要となる。 (福井テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース