北朝鮮「応援団」 韓国で晩さん会

02/08 00:45
平昌(ピョンチャン)オリンピックの開幕を9日に控え、北朝鮮の美女軍団の歓迎晩さん会が開かれた。
7日夜、韓国政府が北朝鮮の応援団などを招いた、歓迎晩さん会での一幕。
テーブルに着くのは、いわゆる美女応援団のメンバー。
晩さん会では、応援団員のグラスに、韓国側関係者がお酒を注ぐ光景も。
7日午前、応援団およそ230人は、陸路で韓国入り。
バスでの移動中、休憩のために立ち寄ったサービスエリアで、取材班がマイクを向けると、「言葉も、血も、習慣も同じ、韓民族に会って、本当にうれしいです」と話した。
そして、7日、韓国の港に到着したものの、一度も外に出なかった三池淵(サムジヨン)管弦楽団のメンバーが、8日朝、韓国に上陸。
同じく、船で夜を明かした玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長も船を下りたあと、団員およそ120人は、8日に公演を行う会場へ向かい、そこでリハーサルを行った。
その後、昼食のため、いったん船に戻るが、今度は北朝鮮の旗をつけたトレーナー姿で、再びリハーサル会場へ。
笑顔で手を振るなど、友好をアピールした。
こうした中、韓国統一省は7日、平昌オリンピックが開幕する9日、北朝鮮の序列2位の金永南(キム・ヨンナム)氏と共に、金正恩(キム・ジョンウン)委員長の妹・金与正(キム・ヨジョン)氏が、高位級代表団の団員として韓国入りすると発表した。
実現すれば、故・金日成(キム・イルソン)主席の直系の親族としては、初めて韓国入りすることになる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース